何度も見返す事で気付ける!?

動画DANCEレッスンのご案内

当スクールに通えない方

体験レッスンの前に踊るためのコツの基礎トレーニングを先に行っておきたい方

踊っていてバランス感覚が上手くとれない方

無駄な動きをしてすぐ疲れてしまう方

踊りの形がかっこよくならない

ぎこちない動きになってしまう方


振り付けレッスンのみ
行っていて動きに変化がない方

いろんなダンスジャンルに
生かしたい方

スタジオ経営者が教えるアイソレーショントレーニング

ダンスはアイソレーションから成り立ち
【アイソレーションに手足の動きがついてDANCEが完成する】
といっても過言ではありません。

このアイソレーションを適当に行ってしまうと
今のご自身の身体の使い方が変わることはありません。

この先も今のままになります。

何かを変えたい時はやり方を変えなければ

変わることはありません。

またご自身でも気付けないと

変わることはできません。

今より1センチ、1ミリでも
無駄な動きをしない。という意識で行うことで
インナーの動かし方がかわり
身体表面にでる動き、身体からでる空気感、雰囲気、表現の仕方が変化してきます。

身体の内を使い身体の外に
出る動きを変えていきましょう。

【踊るためのコツ】が詰まっているアイソレーションを練習してください。

ポイントを良く聴いて
いただき積み上げてください。

つかむポイントが間違っていると
成長が止まってしまうため
はじめは自己流で行うのは危険です。

踊るための身体の動かし方
をこのアイソレーションレクチャー
の動画で学び実践にいかしていって
もらえれば幸いです。

踊りの形をハッキリ見せたい方、綺麗に踊れるようになりたい方必見、アイソレーショントレーニング!(首編)

首が動くと首から下もさらに可動域アップ

説明はかなり細かい指導方法を解説、
巷ではあまり教えてくれてくれない重要なポイントを解説!

踊るためのトレーニング1.
アイソレーションといいます。

アイソレーションは分離という意味です。

無駄な動きを抑え
動かす部分と動かさない部分を
分けるトレーニングになります。

これを分けて動かせることにより
DANCEの型、動きを綺麗にして無駄のない動き 
を見せること、無駄のない疲れにくい身体作り
体幹コントロールなどを目的
として
練習してください。

使う身体のポイント
が違うと他の部位が
動いてしまいますので

解説でしっかりポイントを
把握し
その通りに練習してください☆
今より1ミリでも無駄な動きをなくす
お気持ちで練習してください。

ここはかなり重要です!

なかなか教えてくれないダンスの基本姿勢、立ち方から説明

【首のアイソレーションを使う事例】

*スネイクという動きの時も
首の横の筋肉を伸ばすして
使う

首横のアイソレーションと
足の動きを使ってみせたりします。

*首の前後は特にたくさんの
ステップに首の動きとして
いれることができ、
全身使って踊れるようになります。

etc

首胸腰に手足がついてダンスに
なるためアイソレーションは
必須トレーニングです。

ご注意
何のためにやるのかを
理解して行う

*適当にやらない
こだわり持って細かいところを
見逃さず行うことで
振り付けの動きのときにも
応用が効いてきます。

アイソレーションを
適当に行う方は今の
ご自身の動きから変えることが
できません。

※動画ご購入時の注意点※
決済が完了と同時に、ご購入された動画ページに遷移いたします。
必ずこの動画ページのURLを保管(コピーやブックマーク等)をお願いいたします。
一度、別ページに行ってしまうと、URLからしかアクセスすることができなくなります。

踊りの形をハッキリ見せたい方、綺麗に踊れるようになりたい方必見、アイソレーショントレーニング!(胸編)

説明はかなり細かい指導方法を解説、
巷ではあまり教えてくれてくれない重要なポイントを解説!

踊るためのトレーニング1.
アイソレーションといいます。

アイソレーションは分離という意味です。

無駄な動きを抑え
動かす部分と動かさない部分を
分けるトレーニングになります。

これを分けて動かせることにより
DANCEの型、動きを綺麗にして無駄のない動き 
を見せること、無駄のない疲れにくい身体作り
体幹コントロールなどを目的として
練習してください。

無駄な動きがあったり
ぎこちない動きは
このアイソレーションで
正していきます。

また使う身体のポイント
が違うと他の部位が
動いてしまいますので
解説でしっかりポイントを
把握し
その通りに練習してください☆
今より1ミリでも無駄な動きをなくす
お気持ちで練習してください。

胸のアイソレーションをするときの気づきにくいポイント説明

【胸のアイソレーションを使う事例】

*胸横のアイソレーションは
ショルダーシェイク(肩を使う動き)
や他振り付け時
ポージングで止まる時

*胸前後は
ステップの
ロジャーラビットの時や
ブルックリンの時など
振り付け時など

etc

首胸腰に手足がついてダンスに
なるためアイソレーションは
必須トレーニングです。

*ご注意
何のためにやるのかを
理解して行う

*適当にやらない
こだわり持って細かいところを
見逃さず行うことで
振り付けの動きのときにも
応用が効いてきます。

*アイソレーションを
適当に行う方は今の
ご自身の動きから変えることが
できません。

※動画ご購入時の注意点※
決済が完了と同時に、ご購入された動画ページに遷移いたします。
必ずこの動画ページのURLを保管(コピーやブックマーク等)をお願いいたします。
一度、別ページに行ってしまうと、URLからしかアクセスすることができなくなります。

踊りの形をハッキリ見せたい方、綺麗に踊れるようになりたい方必見、アイソレーショントレーニング!(腰編)

腰は足の根元や原点ここをきちんとやるとステップが上手くなる

説明はかなり細かい指導方法を解説、
巷ではあまり教えてくれてくれない重要なポイントを解説!

踊るためのトレーニング1.
アイソレーションといいます。

アイソレーションは分離という意味です。

無駄な動きを抑え
動かす部分と動かさない部分を
分けるトレーニングになります。

これを分けて動かせることにより
DANCEの型、動きを綺麗にして無駄のない動き 
を見せること、無駄のない疲れにくい身体作り
体幹コントロールなどを目的として
練習してください。

無駄な動きがあったり
ぎこちない動きは
このアイソレーションで
正していきます。

また使う身体のポイント
が違うと他の部位が
動いてしまいますので
解説でしっかりポイントを
把握し
その通りに練習してください☆
今より1ミリでも無駄な動きをなくす
お気持ちで練習してください。

腰のアイソレーションのみぞおちの引き上げはこれくらいする!

【腰のアイソレーションを使う事例】

*腰前後のアイソレーションは
HIPHOPの例はトゥループという
ステップの際に使います。
リーボックの時やビズマーキーなどの
動きに使えます。

ソウルダンス、パンキング、
ハウスダンスの時なども
使います。

腰は足に近い部分なので
腰の動きが良くなると
ステップの足の軌道や動きが
良くなっていきます。

もちろん胸にも近いので
胸の動きも良くなっていきます。

etc

首胸腰に手足がついてダンスに
なるためアイソレーションは
必須トレーニングです。

*ご注意
何のためにやるのかを
理解して行う

*適当にやらない
こだわり持って細かいところを
見逃さず行うことで
振り付けの動きのときにも
応用が効いてきます。

*アイソレーションを
適当に行う方は今の
ご自身の動きから変えることが
できません。

※動画ご購入時の注意点※
決済が完了と同時に、ご購入された動画ページに遷移いたします。
必ずこの動画ページのURLを保管(コピーやブックマーク等)をお願いいたします。
一度、別ページに行ってしまうと、URLからしかアクセスすることができなくなります。

今ならグループ体験レッスンが無料!10/31(日)までなのでお早めに!
体験予約はコチラ