こんばんは。今日も東中野、所沢スタジオの御客さま、ご来店ありがとうございました。

ダンスの腕の使い方は初心者さまにとって初めは難しく感じると思いますが

初めのうちは意識的に強引でもつけて言った方が良いです。

腕の力は常に抜いていますが初めはどうしてもつけようと意識するので

力は入ってしまいますがとにかく繰り返し足の動きを覚えたら腕を

つけていく練習をするしかありません。ダンスのステップの手は

基本は歩くときと同じ使い方になります。

同じ動きを繰り返し行うと少しずつ動かす軌道に慣れてきて無駄な

つけなきゃという意識による力がぬけてきます。

無意識に腕を動かせるようになる期間は人それぞれですが

時間がかかる方は何度も練習することとどこが違うか違いを把握することが

大事だと思います。間違い探しをするようなイメージで良く自分の動きを

みることもしていただければと思います。

腕がつけられると足を動かしながら首、上半身なども動かせるようになっていきます。

そうなってくるとより全身で踊れ、音楽をより身体全体で

感じること、身体全体で音楽を『打つ』ことが

でき楽しさ倍増します。今ぶつかっている壁の先を皆さんに感じていただき

たまに間違っても笑いにしながらダンス通して

身体を磨きわいわいしていきたいですね。

おやすみなさい。